So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ
前の10件 | -

ローマ法王がニュースサイトを立ち上げ、バチカン市国 [ニュース]



ローマ法王、自らニュースサイト立ち上げですか?

つか、記事の「ポータルサイトト「news.va」」ってトが一つ多くないですか?

まぁ、そんな事はどうでもいいですが、バチカン開放的でいい事だと思います。

一瞬、記事を見たときに「ばちかん・にゅ~す♪ BY法王」ってのが脳裏を駆けて行きました。

そんなふざけたニュースじゃないみたいですけれど。えへ。

世界一の国のお話なら是非知りたいですね。

つか、あの国にニュースって盛りだくさんあるんだろうか?


バチカンの素顔 (ナショナル・ジオグラフィック)

バチカンの素顔 (ナショナル・ジオグラフィック)

  • 作者: バート・マクダウェル
  • 出版社/メーカー: 日経ナショナルジオグラフィック社
  • 発売日: 2009/06/11
  • メディア: 単行本



バチカン・ミステリー

バチカン・ミステリー

  • 作者: ジョン コーンウェル
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2002/02
  • メディア: 単行本



図説 知られざる歴史ミステリー ヴァチカンの謎と真実

図説 知られざる歴史ミステリー ヴァチカンの謎と真実

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2009/05/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



サン・ピエトロ―アウレリオ・アメンドラ写真集

サン・ピエトロ―アウレリオ・アメンドラ写真集

  • 作者: アウレリオ・アメンドラ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1999/12/10
  • メディア: 大型本



サン・ピエトロ大聖堂

サン・ピエトロ大聖堂

  • 作者: 石鍋 真澄
  • 出版社/メーカー: 吉川弘文館
  • 発売日: 2000/12
  • メディア: 単行本



パズルの超達人 2016ピース 世界遺産バチカン市国II[バチカン] 23-044

パズルの超達人 2016ピース 世界遺産バチカン市国II[バチカン] 23-044

  • 出版社/メーカー: エポック社
  • メディア: おもちゃ&ホビー



パズルの達人 1518ピース バチカン市国(バチカン) 18-003

パズルの達人 1518ピース バチカン市国(バチカン) 18-003

  • 出版社/メーカー: エポック社
  • メディア: おもちゃ&ホビー



バチカン市国 ユーロ通常貨8種セット未使用 2008年

バチカン市国 ユーロ通常貨8種セット未使用 2008年

  • 出版社/メーカー: バチカン市国
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(0)  コメント(0) 

引き続きユッケ問題。 [ニュース]

<抜粋> 社長は「一度も陽性反応が出なかったので、肉に菌が付くことはないと思った」

という記事が出てますが、「肉に菌が付くことはない」って…シロウトでもわかるようなことが何故わからないのか。

きっと空中落下菌も知らないんだろうな。かわいそうに。

今まで何を学んできたのやら。知識も知恵もない感じで、親の基礎教育が悪かったのか?

食の危険を軽んじていてなるべくしてなった事件のような気がします。

食物学科に入りなおして勉強してこい! この戯けもんがーーー!!

と憤りを感じます。

亡くなられたみなさんにはご冥福をお祈りしますが、あまりイジめると可愛そうなので、自殺に追い込まない程度にホドホドにしてあげてほしいと思います。

つか、そんな風に生かさず殺さず…というような状況の方が辛いかもしれませんね。延々と弄られ、精神的に崩壊寸前まで追い込む感じ。死んだ方がマシと思うような。

どっちの立場に立っても報われないというか。

人間って虚しい生き物ですね。

人知れず食中毒で亡くなられている方も沢山いらっしゃるので、今回の事だけクローズアップするのもマスコミが煽っている気がします。

むしろ、イタイ社長だからこんだけ大きくなったのか?

社長、パフォーマンス大げさだからなぁ。少し大人しくしておいた方が身のためかもね。



地獄を生きぬく 魔法の言葉

地獄を生きぬく 魔法の言葉

  • 作者: ひろさちや
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/08/05
  • メディア: 新書



友だち地獄―「空気を読む」世代のサバイバル (ちくま新書)

友だち地獄―「空気を読む」世代のサバイバル (ちくま新書)

  • 作者: 土井 隆義
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2008/03
  • メディア: 新書



残酷外食業界戦争 (Yell books)

残酷外食業界戦争 (Yell books)

  • 作者: 安藤 政秀
  • 出版社/メーカー: エール出版社
  • 発売日: 1987/03
  • メディア: 単行本



コンビニがなくなる日―どうなる?流通最終戦争 (主婦の友新書)

コンビニがなくなる日―どうなる?流通最終戦争 (主婦の友新書)

  • 作者: 平野 和之
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2011/03/05
  • メディア: 新書



nice!(1)  コメント(0) 

食中毒 [ニュース]

まだまだ冷めやらぬ話題ですね。ユッケ。

何やら衛生基準か何かを検討する話も出ているようなそうでないような状況って感じですか?

社長が開き直って、基準にいちゃもんつけたせいで、またこまごました内容になっていくのですね。そこまで言わないと(書かないと)わからんのか!と、常識を疑いたくなります。

書いてないから、言わなかったから、自分は悪くないよ!なんて、常識人が思う事でしょうか。いや、思わないはずです!

そもそも、私の常識では子供に生肉を食べさせるのはタブーなのですが、世の中は変わったもんですね。そもそも、子供に生ものはあまりよろしくないと思っております。刺身系は小学校高学年ぐらいからかなぁ~なんて。

馬刺しなどは18歳からです!そして、基準の無い生肉ユッケはお酒たばこと一緒で20歳から!!

って感じで、ユッケは大人の食べ物だと思っておりましたが…お子様も食べるんですね。びっくりです。

生肉は何だか腹の中に虫が湧きそうで恐ろしいです。まぁ、生野菜とか生魚でも同様の危険性がはらんでいると思っておりますが。

私の常識は世の中の非常識に入るのだろうか…




わかりやすい細菌性・ウイルス性食中毒

わかりやすい細菌性・ウイルス性食中毒

  • 作者: 日本食品衛生協会
  • 出版社/メーカー: 日本食品衛生協会
  • 発売日: 2010/06/14
  • メディア: 単行本






フードサービスの食中毒・衛生管理完全対策

フードサービスの食中毒・衛生管理完全対策

  • 作者: 細貝 祐太郎
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2002/07
  • メディア: 単行本



食中毒を防ぐ!家庭の調理新常識110―安全な食卓なくして「食育」なし。

食中毒を防ぐ!家庭の調理新常識110―安全な食卓なくして「食育」なし。

  • 作者: 久保田 徹
  • 出版社/メーカー: 現代書林
  • 発売日: 2006/07/14
  • メディア: 単行本



これだけは知っておきたい食中毒・感染症の基礎知識

これだけは知っておきたい食中毒・感染症の基礎知識

  • 作者: 橋本 秀夫
  • 出版社/メーカー: 中央法規出版
  • 発売日: 2002/06
  • メディア: 単行本



食中毒への道

食中毒への道

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小池書院
  • 発売日: 2011/01/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



食品工場の約束事〈1〉食中毒菌対策 (社員教育テキスト)

食品工場の約束事〈1〉食中毒菌対策 (社員教育テキスト)

  • 作者: 永坂 敏男
  • 出版社/メーカー: 幸書房
  • 発売日: 2009/01
  • メディア: 単行本



寄生虫のひみつ ムズムズするけど見てみたい「はらのむし」たちの世界 (サイエンス・アイ新書)

寄生虫のひみつ ムズムズするけど見てみたい「はらのむし」たちの世界 (サイエンス・アイ新書)

  • 作者: 藤田 紘一郎
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2009/07/16
  • メディア: 新書



寄生虫のふしぎ ―頭にも?意外に身近なパラサイト― (知りたい!サイエンス)

寄生虫のふしぎ ―頭にも?意外に身近なパラサイト― (知りたい!サイエンス)

  • 作者: 目黒寄生虫館+研究有志一同
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2009/01/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0) 

発言 [ニュース]

テレビでの発言には気をつけよう。

どっかのお偉いさんの逆切れ会見はどうかと思う。

あれじゃ消費者の心象がもっと悪くなるような気がするのだが。

しかもなんだか、なすりつけ合い?

もうちょっと冷静になろうよ。真摯な態度で頼むよ。大きな声じゃなくても聞こえるっての。一人興奮して大声出して空回りしてる感じが痛々しく感じるのは私だけだろうか?

会見前に廻りの人と話をしたのかね?もししてたらあんな記者会見にはならないだろうけれど。もしいろいろ検討した結果の会見だったら会社終わっているね。あ、もう終わってるか。

どこぞのタレントさんも調子に乗って発言してさ。(ツブヤキだけど)

そんな話を公に発言するもんじゃない。裏で言ってればいいじゃん。

なんで公共?の電波?回線?使って言うかね?影響力わかってないね。つか自滅?
     ↑この辺はなんて言ったらいいんだろう…語彙無さ過ぎ

指名手配犯?が殺されたって話も手放しで大喜びしている姿にドン引き。あんな姿を晒すから戦争はなくならないのではないかとふと思った。

あーゆー人たちの気持ちはわからなくもない…なんてキレイごとは言わない。人種が違えば、考え方も違うし。環境が違うし。

それに、そんな状況になったことないのに気持ちがわかる方がおかしいと思う。でも、わかろうとしないことは愚かだとは思う。

しかし、凶悪犯でも人の死ってのは眉間にシワがよる。

それにしても、人間がこんなにも醜く見えるとは。どの話も世も末。虚しい。そんな気分。

何が正しいのかなんて、答えなんかないんだよな~


それでも企業不祥事が起こる理由

それでも企業不祥事が起こる理由

  • 作者: 國廣 正
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2010/07/21
  • メディア: 単行本



企業不祥事と対応 事例検証 (第一東京弁護士会総合法律研究所研究叢書)

企業不祥事と対応 事例検証 (第一東京弁護士会総合法律研究所研究叢書)

  • 作者: 第一東京弁護士会総合法律研究所会社法研究部会
  • 出版社/メーカー: 清文社
  • 発売日: 2009/09
  • メディア: 単行本



それでも不祥事は起こる

それでも不祥事は起こる

  • 作者: 秋山 進
  • 出版社/メーカー: 日本能率協会マネジメントセンター
  • 発売日: 2008/08/29
  • メディア: 単行本



「企業等不祥事における第三者委員会ガイドライン」の解説

「企業等不祥事における第三者委員会ガイドライン」の解説

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 商事法務
  • 発売日: 2011/03
  • メディア: 単行本



不祥事を防ぐ社員の意識づけと行動ルール (知りたいことがすぐわかるPLUS)

不祥事を防ぐ社員の意識づけと行動ルール (知りたいことがすぐわかるPLUS)

  • 作者: 弁護士法人虎ノ門スクウェア法律事務所
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2008/05/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



不祥事を乗りこえる会社 不祥事でつまずく会社―危機に克つPR戦略

不祥事を乗りこえる会社 不祥事でつまずく会社―危機に克つPR戦略

  • 作者: 矢島 尚
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 単行本



内部監査で、不祥事をなくせるか

内部監査で、不祥事をなくせるか

  • 作者: 阿久沢 栄夫
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 単行本



企業不祥事はアリの穴から

企業不祥事はアリの穴から

  • 作者: 樋口 晴彦
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2008/08/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



リスク要因からみた企業不祥事対応の実務

リスク要因からみた企業不祥事対応の実務

  • 作者: 後藤 啓二
  • 出版社/メーカー: 中央経済社
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 単行本



THE 記者会見 企業不祥事、その時メディアにどう対応する

THE 記者会見 企業不祥事、その時メディアにどう対応する

  • 作者: 入野 和生
  • 出版社/メーカー: 吉備人出版
  • 発売日: 2009/02/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



会社や社員の不祥事の見つけ方、防ぎ方―着服、横領、背任、セクハラ…手遅れになる前に (KAWADE夢新書)

会社や社員の不祥事の見つけ方、防ぎ方―着服、横領、背任、セクハラ…手遅れになる前に (KAWADE夢新書)

  • 作者: 蒲田 春樹
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 1999/03
  • メディア: 新書



現場で生かす リスクマネジメント入門 事例で学ぶ不祥事・内部告発への対処法

現場で生かす リスクマネジメント入門 事例で学ぶ不祥事・内部告発への対処法

  • 作者: 上野 治男
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/03/11
  • メディア: 単行本



不祥事が起こってしまった!

不祥事が起こってしまった!

  • 作者: 宇於崎 裕美
  • 出版社/メーカー: 経営書院
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 単行本



事務ミスを防ぐ知恵と技術―不祥事の未然防止と職場活性化のために

事務ミスを防ぐ知恵と技術―不祥事の未然防止と職場活性化のために

  • 作者: 宮崎 敬
  • 出版社/メーカー: 近代セールス社
  • 発売日: 2009/09
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

恐怖の餃子 [ニュース]

激しい吐き気、しびれる体 好物のギョーザ、命脅かす(asahi.com)

やっぱり中国産は信用なりませんね。
っていうか、わざとやってんじゃないでしょうか?
「日本人死ね!」とか思ってそうだ。

やだねー。
沢山あるうちの幾つかに混入させていたってわかりっこないし。
それに、調べるったって、全部調べるわけでもないでしょう。

関門を潜り抜けて食卓に並ぶ可能性は十分にあったと思う。
それを見越していたような気もする。

餃子が食べたければ自分の家で作るしかないね。
最近、信用ならん業者が多すぎる。
どこもそこも無茶苦茶やってるような気にもなってくる。

それこそ、最近私が食べている
フルーツグラノーラだって
元々どんなもので何から作ってあるかわからない。
フルーツのカスから作ってるかもしれない。
中国産の農薬が沢山つかってある品種改良もされてしまった
安いフルーツを使っているかもしれない。

あくまで、そういう可能性があるんじゃないかと思ってしまうような
偽装問題の多さから感じた事だけれど。

でも、もしそうだとしても消費者は口にする。
疑わしくとも、物を企業を信用せざるをえない状況にあるから。
騙されていても、騙されていないと思わないと食べる事ができないから。
生きていけないから。

一番いいのは自給自足で何もかも自分で作る事なのだろうと
強く感じる世の中になってしまった。

危ない中国 点撃! 福島香織の「北京趣聞博客」

危ない中国 点撃! 福島香織の「北京趣聞博客」

  • 作者: 福島 香織
  • 出版社/メーカー: 産経新聞出版
  • 発売日: 2007/10/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


食品のカラクリ8 知らずに食べるな!「中国産」 (別冊宝島 1484)

食品のカラクリ8 知らずに食べるな!「中国産」 (別冊宝島 1484)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2007/10/15
  • メディア: 単行本


食品のカラクリ6 輸入食品の真実!! (別冊宝島 1458 ノンフィクション)

食品のカラクリ6 輸入食品の真実!! (別冊宝島 1458 ノンフィクション)

  • 作者: 小倉正行
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2007/08/02
  • メディア: ムック


SHOWDOWN(対決)―中国が牙をむく日

SHOWDOWN(対決)―中国が牙をむく日

  • 作者: ジェド・バビン, エドワード・ティムパーレーク
  • 出版社/メーカー: 産経新聞出版
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本


あなたも食べてる中国産

あなたも食べてる中国産

  • 作者: 垣田 達哉
  • 出版社/メーカー: リヨン社
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 単行本


中国人の交渉術―CIA秘密研究

中国人の交渉術―CIA秘密研究

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1995/07
  • メディア: 単行本


中国産農作物と食品安全問題 (筑波書房ブックレット―暮らしのなかの食と農)

中国産農作物と食品安全問題 (筑波書房ブックレット―暮らしのなかの食と農)

  • 作者: 大島 一二
  • 出版社/メーカー: 筑波書房
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 単行本


図解 中国の地域性がわかる本―13億の巨大市場を読み解くカギ

図解 中国の地域性がわかる本―13億の巨大市場を読み解くカギ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 産学社
  • 発売日: 2004/06
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0) 

世の中おかしい [ニュース]

何度も取り上げていますが、光市母子殺害事件の裁判については
本当に怒り心頭で、行く末がどうなるのか、とても気になります。

今日の裁判でも
相変わらず元少年が不可解な言い訳をしているようで、
眉間にシワが寄りまくりです。

聞けば聞くほど理不尽な話だと思います。
どうして極刑(死刑)にならないのか不思議でなりません。

あれだけの事をして、
その後の経緯を考えると
今の言動には納得できない点が沢山あるのは
誰もが感じていることだと思います。

一度、傍聴しに行こうかな……と真剣に感じる事件です。

凶悪犯罪が増えている昨今です。
どこぞの番組でも刑務所の定員が大幅に越えているという話でした。

極悪非道な犯罪者が長い刑期を終えても
まともに社会復帰できない可能性があり、不安を抱えている状態で
出てきた時、再犯確立は更に高まるのではないでしょうか。

人を殺した者は人の道を踏み外したばかりではなく、様々な害を及ぼし、
その罪は極刑で望むべきだと思います。
そして、何人殺したかは問題ではないのではないでしょうか。

人を殺しておいて「反省した、生きて罪を償いたい」
そんな言葉だけで許される世の中なら、もう未来は無い。救いようが無い。
亡くなった人に許しを請う為には死ぬしかないだろう。
どうして生きて、その罪が償えるのか。

刑務所で規則正しい生活習慣を過ごさせ、栄養管理が整えられたタダ飯を
いつまでも食べさせてやる必要は無いと思います。
即刻、死刑執行が相当だと思う事件だと私は考えています。

もし、この元少年が無罪放免になったとき、
世間がこの元少年を許さないと思う。

もしかしたら、世間がこの元少年に死刑執行するかもしれない。
正義感が歪んで罪を犯してしまう前に、
正式な手続きの前でそれを執行して欲しいと、私は切に祈っている。

光市裁判 なぜテレビは死刑を求めるのか―年報・死刑廃止〈06〉

光市裁判 なぜテレビは死刑を求めるのか―年報・死刑廃止〈06〉

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: インパクト出版会
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 単行本


殺人犯を裁けますか?―裁判員制度の問題点

殺人犯を裁けますか?―裁判員制度の問題点

  • 作者: 田中 克人
  • 出版社/メーカー: 駒草出版
  • 発売日: 2007/04/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


死刑制度の歴史

死刑制度の歴史

  • 作者: ジャン=マリ カルバス
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本


死刑執行

死刑執行

  • 作者: 朝日新聞死刑制度取材班
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞
  • 発売日: 1993/10
  • メディア: -


なぜ、いま代用監獄か―えん罪から裁判員制度まで

なぜ、いま代用監獄か―えん罪から裁判員制度まで

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 単行本


監獄と人権―制度化された隔離と暴力 その改革をめざして

監獄と人権―制度化された隔離と暴力 その改革をめざして

  • 作者: 監獄人権センター
  • 出版社/メーカー: 明石書店
  • 発売日: 1995/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


死刑制度の歴史

死刑制度の歴史

  • 作者: ジャン アンベール
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 1997/11
  • メディア: 新書


犯罪被害者と死刑制度

犯罪被害者と死刑制度

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: インパクト出版会
  • 発売日: 1998/08
  • メディア: 単行本


殺すこと殺されること

殺すこと殺されること

  • 作者: 野本 三吉, 戸次 公正, 池田 浩士, 鶴見 俊輔
  • 出版社/メーカー: インパクト出版会
  • 発売日: 1993/07
  • メディア: -


死刑制度必要論―その哲学的・理論的・現実的論拠

死刑制度必要論―その哲学的・理論的・現実的論拠

  • 作者: 重松 一義
  • 出版社/メーカー: 信山社出版
  • 発売日: 1995/12
  • メディア: -


nice!(0)  コメント(0) 

厳しい内容 [ニュース]

最近のニュースは本当にどうしようもない事件、事故ばかりで嫌になります。

事件、事故を起こす人ってのは
大概イタイ人たちばかりな訳ですが
そんなイタイ人に出会う確立は
確実に高くなってきていると思います。

何故イタイ人が多くなったのかと考えてみると
やっぱり教育に問題があったのではないかと思うのです。
そして、急激な経済成長とバブル時代の負の遺産ではないかと感じます。

スモール イズ ビューティフル―人間中心の経済学

スモール イズ ビューティフル―人間中心の経済学

  • 作者: E.F. シューマッハー
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1986/04
  • メディア: 文庫


「豊かさ」の誕生―成長と発展の文明史

「豊かさ」の誕生―成長と発展の文明史

  • 作者: ウィリアム バーンスタイン
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 単行本


経済成長の世界史

経済成長の世界史

  • 作者: E.L.ジョーンズ
  • 出版社/メーカー: 名古屋大学出版会
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 単行本


経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか

経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか

  • 作者: C.ダグラス ラミス
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2004/09
  • メディア: 単行本


新経済成長戦略

新経済成長戦略

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 経済産業調査会
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 単行本


経済成長理論入門―新古典派から内生的成長理論へ

経済成長理論入門―新古典派から内生的成長理論へ

  • 作者: チャールズ・I. ジョーンズ
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 1999/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


マクロ経済学のまるごと講義生中継〈3〉経済成長論と国際マクロ編

マクロ経済学のまるごと講義生中継〈3〉経済成長論と国際マクロ編

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: TAC出版
  • 発売日: 2003/08
  • メディア: 単行本


経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか

経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか

  • 作者: C.ダグラス ラミス
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2000/09
  • メディア: 単行本


高度経済成長は復活できる

高度経済成長は復活できる

  • 作者: 増田 悦佐
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2004/07
  • メディア: 新書


収奪された地球―「経済成長」の恐るべき決算

収奪された地球―「経済成長」の恐るべき決算

  • 作者: ヘルベルト・グルール, 辻村 誠三, 辻村 透
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 1984/01
  • メディア: -


世界バブル経済終わりの始まり──実践・臆病者のための黄金の投資学

世界バブル経済終わりの始まり──実践・臆病者のための黄金の投資学

  • 作者: 松藤 民輔
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/06/01
  • メディア: 単行本


世界同時バブル崩壊!―あなたの生命と財産が危ない

世界同時バブル崩壊!―あなたの生命と財産が危ない

  • 作者: 藤原 直哉
  • 出版社/メーカー: あ・うん
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 単行本


バブルの帝王

バブルの帝王

  • 作者: 門間 明
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 単行本


バブルの歴史―チューリップ恐慌からインターネット投機へ

バブルの歴史―チューリップ恐慌からインターネット投機へ

  • 作者: エドワード チャンセラー
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 単行本


マイクロバブルのすべて

マイクロバブルのすべて

  • 作者: 大成 博文
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


バブル再来

バブル再来

  • 作者: ハリー・S・デント・ジュニア
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2006/05/12
  • メディア: 単行本


バブルの物語―暴落の前に天才がいる

バブルの物語―暴落の前に天才がいる

  • 作者: ジョン・ケネス ガルブレイス
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 1991/05
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0) 

日本の中心 [ニュース]

全国ニュースを見ていると
やっぱり局が東京にあるせいか、
東京を中心としたニュースが多い事に気付く。

全国ニュースとは名ばかりのような気がしてならない。

テレビの裏側打ち明け話

テレビの裏側打ち明け話

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 1994/11
  • メディア: 文庫


これはビックリ!ワイドショーの裏側

これはビックリ!ワイドショーの裏側

  • 作者: 荒川 恒行
  • 出版社/メーカー: エール出版社
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


テレビの裏側まる見え情報

テレビの裏側まる見え情報

  • 作者: 東京テレビスタッフ
  • 出版社/メーカー: 青年書館
  • 発売日: 1984/01
  • メディア: -


あぶない裏側実況中継―スポーツ・アナが燃えた

あぶない裏側実況中継―スポーツ・アナが燃えた

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本テレビ放送網
  • 発売日: 1989/08
  • メディア: 新書


映像美術の世界―ブラウン管の裏側から

映像美術の世界―ブラウン管の裏側から

  • 作者: 川上 潔
  • 出版社/メーカー: 青雲書房
  • 発売日: 1987/09
  • メディア: 単行本


テレビ魔界論―ブラウン管の裏側で何が起ったか

テレビ魔界論―ブラウン管の裏側で何が起ったか

  • 作者: 石井 清司
  • 出版社/メーカー: 紀尾井書房
  • 発売日: 1982/01
  • メディア: -


野島伸司の大失敗―大ヒットテレビドラマシリーズの裏側

野島伸司の大失敗―大ヒットテレビドラマシリーズの裏側

  • 作者: ノジマニアン博物館係員
  • 出版社/メーカー: 飯倉書房
  • 発売日: 1996/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


テレビの裏側まる見え情報

テレビの裏側まる見え情報

  • 作者: 東京テレビスタッフ
  • 出版社/メーカー: 青年書館
  • 発売日: 1986/06/20
  • メディア: -


テレビの裏側まる見え情報 改訂版

テレビの裏側まる見え情報 改訂版

  • 作者: 東京テレビスタッフ
  • 出版社/メーカー: 青年書館
  • 発売日: 1985/04
  • メディア: 単行本


スタッフがうち明ける人気TV番組の裏側

スタッフがうち明ける人気TV番組の裏側

  • 作者: 小田桐 誠
  • 出版社/メーカー: アイペックプレス
  • 発売日: 1992/01
  • メディア: -


人気ニュース番組のキャスターと裏側―テレビ界の内幕

人気ニュース番組のキャスターと裏側―テレビ界の内幕

  • 作者: 小田桐 誠
  • 出版社/メーカー: アイペックプレス
  • 発売日: 1992/08
  • メディア: 新書


nice!(0)  コメント(0) 

自己判決 [ニュース]

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <岡崎女子大生殺人>当時少年が減刑主張し結審 名古屋高裁


懲役50年だ!

殺された側の論理 -犯罪被害者遺族が望む「罰」と「権利」

殺された側の論理 -犯罪被害者遺族が望む「罰」と「権利」

  • 作者: 藤井 誠二
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/02/27
  • メディア: 単行本


自閉症裁判―レッサーパンダ帽男の「罪と罰」

自閉症裁判―レッサーパンダ帽男の「罪と罰」

  • 作者: 佐藤 幹夫
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本


罪と罰、だが償いはどこに?

罪と罰、だが償いはどこに?

  • 作者: 中嶋 博行
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2004/09/16
  • メディア: 単行本


民衆から見た罪と罰―民間学としての刑事法学の試み

民衆から見た罪と罰―民間学としての刑事法学の試み

  • 作者: 村井 敏邦
  • 出版社/メーカー: 花伝社
  • 発売日: 2005/04
  • メディア: 単行本


獄中日記―16歳の罪と罰

獄中日記―16歳の罪と罰

  • 作者: 水谷 和弘
  • 出版社/メーカー: 三樹書房
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: 単行本


刑事法研究〈第1巻〉犯罪と可罰的評価 (1983年)

刑事法研究〈第1巻〉犯罪と可罰的評価 (1983年)

  • 作者: 米田 泰邦
  • 出版社/メーカー: 成文堂
  • 発売日: 1983/12
  • メディア: -


法律クイズ 〈罪と罰〉

法律クイズ 〈罪と罰〉

  • 作者: 奥田 博昭
  • 出版社/メーカー: 東京法経学院出版
  • 発売日: 1984/01
  • メディア: -


罪と罰を考える

罪と罰を考える

  • 作者: 渥美 東洋
  • 出版社/メーカー: 有斐閣
  • 発売日: 1993/04
  • メディア: -


罪と罰の法文化史

罪と罰の法文化史

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 1995/06
  • メディア: -


罪と罰の値段―あなたも知らずに犯してる!

罪と罰の値段―あなたも知らずに犯してる!

  • 作者: 小原 健
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 1994/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


行政と刑事の交錯

行政と刑事の交錯

  • 作者: 土本 武司
  • 出版社/メーカー: 立花書房
  • 発売日: 1989/01
  • メディア: -


刑法のすべてがわかる本―私たちの生活を律する「罪と罰」

刑法のすべてがわかる本―私たちの生活を律する「罪と罰」

  • 作者: 菊本 治男
  • 出版社/メーカー: 日本経営指導センター
  • 発売日: 1985/03
  • メディア: 単行本


犯罪概念と可罰性―客観的処罰条件と一身的処罰阻却事由について

犯罪概念と可罰性―客観的処罰条件と一身的処罰阻却事由について

  • 作者: 松原 芳博
  • 出版社/メーカー: 成文堂
  • 発売日: 1997/12
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0) 

災害は犯罪を呼ぶ [ニュース]

Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 能登半島地震の義援金募金箱、スーパーで盗まれる


やっぱり、出ましたね。
じょじょにこういう「善意を踏みにじる」事が多くなってくるんだろうなぁ。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - ニュース ブログトップ
ログスター

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。