So-net無料ブログ作成
検索選択

小林麻央さんの訃報 [育児・子育て]

何だかとってもショックを受けました。TVでよく見るようになってから、稀にみる感じのいい人だったので、結構好きだったかな。あまりひと様の事って興味ないんですけど、麻央さんの話題が出るとちょっと気になっていたんですよ。

この度の病気の件も、名前が出るたびに良くなるといいな~と思っていたのですが。

突然の訃報に涙が止まりませんでした。まだ若くて、小さなお子さんを残して先立つ悲しみは計り知れないと思います。

私もようやく一児の母になった身なので。

自分だったら、子供の成長を見る事ができないことがとても悲しい。こんなに早く子供とお別れしなくてはならないなんて本当に悔しいだろうと思います。

でも、きっと来世でまた会おうねって旅立たれたのかなと思っています。

ご冥福をお祈りいたします。


小林麻央写真集(DVD付)「まおのきおく」

小林麻央写真集(DVD付)「まおのきおく」




to you―小林麻央DVD付き写真集

to you―小林麻央DVD付き写真集

  • 作者: 藤代 冥砂
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 大型本



小林麻央のゼロからわかるニュースのキホン〈2009〉

小林麻央のゼロからわかるニュースのキホン〈2009〉

  • 作者: 小林 麻央
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2008/11
  • メディア: 単行本



小林麻央 2008年カレンダー

小林麻央 2008年カレンダー

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: トライエックス<ハゴロモ>
  • 発売日: 2007/10/08
  • メディア: カレンダー



小林麻央 2010年 カレンダー

小林麻央 2010年 カレンダー

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: トライエックス (株式会社 ハゴロモ )
  • 発売日: 2009/10/28
  • メディア: カレンダー



nice!(0)  コメント(0) 

出産準備のいる?いらない?の結果~その他編~ [育児・子育て]

【あって良かったもの】
円座クッション:出産後、お股が予想以上に痛いです。円座クッションで多少和らぎます。抜糸したら楽になる人もいるようですが、私の場合は退院後半月ぐらいは痛かったかな。円座が無かったら食卓に座れませんでした。

着圧ソックス:入院中というか、退院が近くなってかなりむくみました。着圧ソックスがあっても辛かったですが、無かったらもっとひどかったと思います。

マタニティウェア・下着:授乳服にもなるウェアや下着が長く使えてよいと思います。サイズが変わりやすいので、自分の体形の変化を見ながらその都度合うサイズを購入したらいいと思います。同じサイズで何枚も用意すると、サイズが変わった時にもったいないです。

母子手帳ケース:パスポートケースでも代用がきくみたいです。母子手帳やお薬手帳、診察券、保険証、予約表、エコー写真などなど、病院で頂くものや、ベビーに必要なもの、ママに必要なものも一緒に整理できるケースがいいと思います。

産褥ショーツ:入院中の診察にあると面倒くさくないです。結構汚れるので替えが2~3枚ぐらいあるといいかもしれません。洗濯しても乾くまで時間がかかるし。

産後ガードル:出産後、腹筋が無いからか腹回りがゆるゆるして気持ち悪かったです。妊婦帯で骨盤矯正すると指導を受けていたので、できるかと思ったら、さらしの巻き方が悪くて、骨盤矯正が上手くいかず。夫に買ってきてもらったものも効果が無くて。退院後、しっかり固定するガードルタイプをネットで購入しました。お腹のたるみが気持ち悪かったのは改善されましたが、開いた骨盤は手遅れだったみたいです。是非とも良いものを用意した方がいいと思います。

ビデオカメラ:出産シーンを撮影してもらいました。もしかしたら、命を落とすかもしれないという不安もあって、ベビーの為に残しておこうという思いから撮影をしてもらったんですが、超安産だったので拍子抜けしました。まぁ、まだこの先何があるかわかりませんし。映像で残しておいて良かったと思います。

乾燥機付き洗濯機:ウチはドラム式なのですが、乾燥機付きは助かりました。ベビーのお世話も一通り慣れてきたら、洗濯のパターンが決まってきまして。夜タオル系を洗濯乾燥します。朝、大人ものを洗濯した後、ベビーものを洗濯して干します。その後、衣服以外の洗濯をして、乾燥機にかけられるものは乾燥させます。まめに洗濯すると洗濯ものが少なすぎる日があるので、そんな日に大物(寝具系とかカーテンなど)を洗濯します。

電気ポット:常に保温ができているとミルク作りに楽です。ティファールを使っていたのですが、毎回沸かさないといけないので、実家の電気ポットと交換してもらいました。あっという間に沸くといってもベビーは待ってくれません。ギャン泣きされると慌ててしまいミルク作りも落ち着いてできませんからね。少しでも時短できる工夫が必要だと思います。

【あっても無くてもよかったもの】
搾乳器:病院では手で搾乳(というか、マッサージ?)してました。私の場合は出が悪かったのもあって、搾乳器ではうまく搾乳できなかったです。手で十分。1滴でもベビーに飲ませたいという気持ちもありましたが、出ないものはしょうがないと割り切りました。

【いらなかったもの】
育児日誌:病院を退院するときににお祝い品を頂いたのですが、その中に育児日誌が入っていました。そもそも面倒くさがりなので、育児日誌は続かないだろうと最初からわかっていましたから、自分のスケジュール帳にチョイチョイ書いたり、タブレットにインストールした育児記録アプリを使いました。がっつり育児日誌です!的なノートはストレスがハンパないと思います。書かなきゃって強迫観念が生じる人もいるかもしれません。そんなストレスを感じて生活に支障が出るのと、心穏やかにベビーと向き合うのとどちらがいいかと考えた結果、自分には向いてなかったです。ベビーの日々をもれなく残しておきたいという気持ちもありますが、取捨選択しないとやっていけないと思いました。

【そもそも買わなかったもの】
授乳ケープ:大判タオルとか、タオルケットとかで十分代用可能だと思います。授乳室完備の施設(デパートとか、モールとか)も増えてきたし。個室の授乳室を完備しているところもあるので、もし、授乳が必要な月齢だったら、そういうところに行くといいと思います。そもそも授乳ケープってどんな時にどうやって使うのかしら?母乳がたっぷり出る人には必要かもしれませんが。

抱き枕:抱き枕兼授乳クッションになる商品を検討していましたが、何だかんだで購入しなくても大丈夫でした。家にあるクッションで十分代用できたし。クッションが無かったら、座布団やバスタオル、タオルケット、毛布など代用できるものはいくらでもありますね。毛布2枚丸めて棒状にしたものが一番楽だったかな。












































nice!(0)  コメント(0) 

出産準備のいる?いらない?の結果~母乳・ミルク編~ [育児・子育て]

【必要】
哺乳瓶・乳首(ニップル):まずは小(160mlでSSサイズ)1セット。母乳だけにしたくても、十分な量が最初から出るかどうかは個人差があるので、1セットはあった方がいいかと。後々、母乳以外の飲み物とか飲むときに必要ですし。慣れてきたら自分のベビーには何本で十分とか、どんな哺乳瓶がいいとか判断ができてくると思います。私の場合はあまり出が良くなくて最後まで混合で、最終的に哺乳瓶は4本用意しました。ヘビロテしますから、1本じゃ大変です。毎回消毒するとなると夜中の授乳で挫折すると思います。いきなりそんな過酷なハードルを頑張らなくても・・・と思うわけです。まとめて洗えば時間ができます。ガラスとプラスチック製がありますが、私の場合はよく落とすので、欠けたり、割ったりすると危ないですから、プラにしました。消毒は煮沸です。浸けおきは時間がかかるし、レンジ消毒は便利のようですが、消毒している感が無くて。煮沸は3分~5分かかりますが、自分にはこの方法が合ってました。

授乳クッション:無いよりか、あった方が楽です。当初無くても何かで代用できるだろうと簡単に考えていましたが、やっぱりあった方が良かったです。すぐペッタンコになるので、丈夫なものがいいです。厚みがなくなってゆくので、浮き輪でも代用できるんじゃないだろうか?と思ったこともあります。浮き輪的授乳クッションってアイデアいいと思いませんか?空気入れれば元通り。ちなみに、ベルト付きの授乳クッションがいいです。

消毒グッズ:哺乳瓶関係以外のグッズを消毒するのに使いました。あまり使っていませんが。無いよりかあった方がいいと思います。レンジが使えない、煮沸ができないというトラブルがあっても安心です。

母乳パッド:授乳の度に交換するし、自然と母乳がにじみ出てくる場合があるので、1パックは必要ですね。個人差がありますから、最初から大量買いしなくても大丈夫だと思います。

哺乳瓶洗浄グッズ:哺乳瓶専用の洗剤とブラシですね。専用ブラシは洗いやすいので何かで代用するのは難しいと思います。ニップル用は絶対必要です。


新玄 葉酸米 25g×2袋[新玄 ビタミン強化米]
サプリメント:葉酸サプリメントは気にして摂取していました。粉末だったり、カプセルだったり、錠剤だったり、葉酸入りの飲み物、食べ物色々試してみました。一番良かったと思うのは、お米に入れて一緒に炊くサプリですね。家族で摂取できるのでいいと思います。



【あす楽対応】 コンパクト ほ乳びんラック /哺乳瓶/哺乳びん/衛生ケース/消毒/食洗機対応/哺乳瓶たて/ほにゅうびん/ミルクボトルケース/軽量/洗浄機/
哺乳瓶ラック:洗浄した哺乳瓶の置き場所に困ります。収納ケースもあると衛生的に保管できていいと思います。



煮沸用鍋&トング:煮沸消毒するならば必要です。若干長めのトングを用意しました。短いのはとっても危ないです。

粉ミルク:病院で支給された物が沢山余ったので、退院してから用意しました。病院と同じキューブ型にしました。使いやすいです。粉末とキューブの金額が大差ないし、粉末はひっくり返した時に大変だろうと思いまして。絶対ひっくり返すもん、自分。キューブも時々袋から飛び出していくぐらいですから。それに、違うメーカーにすると飲まなくなるかもしれないですから。

【不要】
ウオーターサーバー:家庭の環境に合わないので導入しませんでしたが。本当は欲しかったです。でも、無くてもやっていけます。






























nice!(0)  コメント(0) 

出産準備のいる?いらない?の結果~おでかけ編~ [育児・子育て]

【必要】
チャイルドシート:新生児から使えるシートを自治体から借りました。年間3000円ちょいで借りる事ができて、経済的でした。1歳からは11歳ぐらいまで長く使える物を購入。新生児から使えるシートの使用制限はだいたいどこのメーカーも3歳ぐらいまでですが、1歳からだと10年使えますからね。最近の車はISOFIXが標準装備なので、取り付けも楽々です。

抱っこひも:インサートがあるともっと便利です。新生児から使えます。インサートの存在を知ったのは首が座りかけだったので、残念ながら使えませんでしたが、妊娠中に知っていたら絶対買ってました。そもそも、抱っひもを頂いていたのですが、使い方がわからず苦戦しました。新生児を横抱きにできるひもだったのですが、しっくりこなくて。結局、首が座ってから新しい抱っこひもを購入しました。

ママコート:冬のお出かけには必要だと思います。抱っこやおんぶした状態で羽織れるデザインは臨月でも便利です。妊娠期間と出産時期を見て購入を検討するといいと思います。

チャイルドシートマット ジュニアシート シートプロテクター カーシートカバーメーカー正規品 車保護シート ジュニアシート クッション ベビー車のシートカーシート 滑り止め 収納ポケット付きゆうメール便送料無料
チャイルドシートをセットする際に座席を保護するシートを用意しておくとよいと思います。結構車の座席に傷がつきます。



パシーマ チャイルドシートパット 無添加ガーゼと脱脂綿 背中の汗をすぐに吸収 日本製
チャイルドシートに欠かせないのがパッドです。汗をかきやすいし、ウンチ漏れがあったら大変なので、替えを1~2枚用意したほうがいいですね。季節物(冷温感製品など)は追々検討したらいいと思います。

【不要・後々】
ベビーカー:個人的には不要な気がするのですが。退院時とか、一か月検診で必要なママさんもいるのかなと思います。ウチは首が座り始めてきたころに入手しましたが、しばらく室内でバウンサー替わりになっていました。

マザーズバッグ:家にあるもので十分だと思います。まぁ、そもそもマザーズバッグにもなるようなレッスンバッグや、登山向けリュックを持っていたので。

ベビーカー用日よけやマットマフなど:生まれてすぐベビーカーを利用するなら必要かもしれませんが。

抱っこひも用ケープ:ママコートの一部がケープになったり、おくるみやタオルケットなどを代用したりできるので慌てて準備することもない気がします。

ドライブポケット:車の中でお世話する機会はあまりないです。病院だったら、授乳室とか、おむつ替えシートのあるトイレとかあるでしょうし。スーパー・デパート、モールとか、色々なお店にもおむつ替えシートが設置されている事が多くなりましたからね。車の中でお世話するとなると、もう少しベビーが遠出(外泊するぐらい)できるようになってからだと思いますから、慌てて用意する必要は無いかと。











































nice!(0)  コメント(0) 

出産準備のいる?いらない?の結果~肌着・ウェア編~ [育児・子育て]

【必要】
肌着・長肌着:各4枚。手足の動きが多くない時期によく使いました。汗かいたり、はき戻しとかあると、日に2~3回着替えたり。4枚でもぎりぎりでした。何とか他の肌着との組み合わせで対応しましたが。

コンビ肌着(50㎝~):5枚。50㎝サイズはすぐに着れなくなります。個人差はありますが、50~60㎝だと5か月近く使えます。

ツーウェイオール(50㎝~):3枚。新生児期には少々大きくて袖を一回折って着させてました。どんどんサイズがぴったりになっていくので、感慨深くなります。

おくるみ:2枚。一枚で十分かもしれませんが、洗濯替えで一応。

セレモニードレス:1枚。頂き物ですが、やっぱりあった方がいいです。写真屋さんで着れたり、レンタルもありますが・・・一枚持っていると、思い入れが変わります。

【不要・後々】
靴下:生まれて1か月はほぼ外出しないのですぐには必要ないですね。寒い日の外出に用意しましたが、ウチのベビーは嫌がったので不要でした。

帽子:外出するようになるまで不要です。ニット帽的な帽子が新生児ウェアのセットでついてきてましたが、ウチのベビーは嫌がったので不要でした。

ベスト・カーディガン:これもすぐに用意する必要はなかったです。

ベビードレス:今でもどれの事かわかっていませんが。必要ですかね?

カバーオール出産準備で用意しなくてもよかったです。時期と用途をしっかり見極めて購入したらよかったと思います。

【おすすめ】
送料無料(北海道・沖縄を除く) はじめてのおふとん トッポンチーノ オーガニックコットンカバー 赤ちゃんおくるみ オリジナル 洗える 清潔 新生児 6ヶ月 綿 柔らかい クーハンサイズ 出産準備 05P03Dec16
トッポンチーノ:もっと早く知っていれば購入していたのですが、残念ながらウチは手遅れでした。早いうちから使っておけば、長く使えてよかったんですけどね。首がすわっていないベビーをパパが抱っこするのにいいです。しかも、寝かせたまま移動できて、寝たら起きにくいらしいですよ。妊娠中期ぐらいの人は是非検討してみてください。そのぐらいから使わないと効果が薄いみたいです。












nice!(0)  コメント(0) 
ログスター